2019.04.25

リリース

mobiconnect、ニーズが高かったSIM監視機能をマルチOS対応 よりセキュアな業務デバイス/学習デバイスの管理を実現する サービスアップデートを完了

インヴェンティット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 敦仁、以下 インヴェンティット)が提供するMDMサービス「mobiconnect(モビコネクト)」は、テレワーク導入企業の情報セキュリティに対するリスクの高まりや、文教市場におけるSIM搭載可能な学習者コンピュータ導入時のSIM管理の悩みを受けて、PC・スマートフォン・タブレットなど業務デバイス/学習デバイスのセキュリティ強化に向けたサービスアップデートを行いました。

SIM監視のマルチOS対応

働き方改革の推進によりテレワークを導入する企業が増え、その利便性から単体で通信が可能なSIM付きデバイスの業務利用が増加傾向です。同時に、社外でのSIMの抜き差しによるセキュリティリスクが高まっており、適切な情報セキュリティ対策が求められています。

一方、文教市場においては、教育の情報化の推進を受けて児童・生徒が利用する学習者コンピュータの導入が加速する中、構内の無線LAN環境整備が不要で、いつでも・どこでも利用ができるSIMスロット搭載コンピュータが選択されるケースが増加しています。同時に、SIMが抜かれることによるデバイスの悪用や不正利用によるセキュリティリスクへの懸念が高まっています。また、SIMを私物デバイスで利用されることにより、教育機関予算で契約しているSIMの「データ通信量の制限」や「データ通信料金への影響」なども問題視され、SIM抜き差しを検知・把握するための対策が求められています。

それらを背景として、mobiconnectでは2019年3月にWindows端末向けにSIM監視機能の提供を開始しました。そのリリース以降、多くのお客様より、Windows以外のデバイスでもSIM監視したい、という声をいただいたことから、この度、iOSデバイス、AndroidデバイスでもSIM監視に対応するサービスアップデートを行いました。これにより、業務や学習で利用されるデバイスOSを網羅したSIM監視が可能となり、また、スマートフォンはiPhone/Android、PCはWindowsといったマルチOS/マルチデバイス環境でも一元的なSIM監視を行うことが可能となります。

■ mobiconnect(モビコネクト)について
「mobiconnect」は、企業や教育機関などで使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスに対して、端末紛失時の情報漏えい対策や、端末を使用するための設定やセキュリティポリシーの適用、端末利用状況の監視・見守り、アプリやコンテンツの配布などを行うことができるマルチOS対応(iOS・Android・Windows・macOS・tvOS)のMDMサービスです。クラウドサービス基盤で提供するSaaS型サービスなので、新たにシステム構築や保守をすることなく、Webブラウザから簡単に利用をスタートすることができます。使いやすい管理画面や、ニーズに応じて選択可能なプラン、大規模運用時の効率化などを強みとしており、中小企業から大企業、教育機関まで、業種・業態・規模を問わず、幅広くご利用いただいています。
URL: https://www.mobi-connect.net/
導入事例のご紹介: https://www.mobi-connect.net/introduction/

■ インヴェンティットについて
インヴェンティットは、リモート管理技術を核としたソリューションベンダーです。世界標準のフレームワークに加え、高度なシステム構築力と提案力によりデバイスの付加価値を高め、企業のサービス構造を革新します。

【 インヴェンティット会社概要 】
社名  : インヴェンティット株式会社
東京本社: 〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目4番地7号
設立  : 2007年6月12日
資本金 : 1億円
代表者 : 代表取締役社長 鈴木 敦仁
URL   : https://www.yourinventit.com/

【 本件に関するお問い合わせ先 】
インヴェンティット株式会社 ホールプロダクト部 山田、鈴木、臼井
E-mail info-ja@mobi-connect.net

ニュース一覧に戻る

インヴェンティット株式会社
〒102-0083
東京都千代田区麹町4-4-7アトム麹町タワー9階