2021.03.01

リリース

緊急事態宣言解除後のリバウンド防止策に最適化した3密通知サービス「mobiSense」本日リリースします。

インヴェンティット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木敦仁、以下 インヴェンティット)は、政府が提唱する緊急事態宣言解除後のリバウンド防止策に最適化した3密通知サービス「mobiSense」を本日リリースします。

◆背景
コロナ禍での対面業務が避けられない保育施設の声を受け、当社のIoT技術を活かしてリモートから環境状態を可視化し、適切な換気が行われているかを把握する実証実験を進めてまいりました。その成果をもとに、緊急事態宣言解除後のリバウンド防止策に最適化した3密通知サービス「mobiSense」を開発しました。

 

◆サービス内容
1.CO2データの収集
センサー付きゲートウェイに電源をつなぐだけで、自動的にデータを取得します。 通信SIMを搭載しているため、設定は一切なしで自動的に利用開始できます。

 

2.データの可視化
ダッシュボードからグラフでCO2濃度の推移を見える化します。 お持ちのスマートフォン等のWebブラウザで表示できます。

 

3.自動アラート
対話型のルールエンジンを搭載。CO2の適正値を超えると自動通知することで、適正な環境になっているかモニタリング可能です。

 

4. 推奨環境
100m²(30坪)当たりCO2センサー1台の設置を推奨します。(※1)
付属のCO2センサー(Logtta製)はワイヤレスで複数台利用も可能なため、飲食店の個室など各部屋をモニタリングしたい場合にもご利用いただけます。

 

◆利用シーン
保育園、学校、老人ホーム、飲食店、小売店などを想定しています。

 

◆利用イメージ
センサーを部屋に設置し、適正なCO2濃度を超えるとスマートフォン等に通知されます。
通知があったら速やかに換気などを行ないます。
モニターを用意しておけば、リアルタイムでCO2濃度の確認も可能です。(※2)

保育施設での利用イメージ

今後もインヴェンティットは新型コロナウィルス感染収束を目指し、リモートと対面の垣根をなくすサービスを開発してまいります。

 

※1 センサーメーカーの推奨値を参照しています
※2 CO2濃度の計測タイミングは10分おきに行われます

 

■サービスサイトURL
https://mobi-sense.com/monitoring

 

■本件に関するお問い合わせ先
インヴェンティット株式会社
担当:社長室 木村
E-mail:contact-iot@yourinventit.com

 

■インヴェンティットについて
社名:インヴェンティット株式会社
東京本社:〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目4番7号
設立:2007年6月12日
資本金:1億円
代表者:代表取締役社長 鈴木 敦仁
URL:https://www.yourinventit.com/

ニュース一覧に戻る

インヴェンティット株式会社
〒102-0083
東京都千代田区麹町4-4-7アトム麹町タワー9階