2014.05.12

リリース

「ServiceSync」がワイヤレスセンサーとの組み合わせでM2M品質管理システムを実現

インヴェンティット株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:鈴木達、以下インヴェンティット)が提供するM2Mプラットフォーム 「ServiceSync(サービスシンク)」が、温度センサーなどとの組み合わせで、遠隔地からの倉庫・保管庫などの品質管理を、より簡易で的確に実現する事が可能となりました。

 

近年、食品物流、配送物、精密機器保管など、商品を適切な環境に管理・保管することが求められています。倉庫、工場、店舗などに温度センサーを設置し、「ServiceSync」に接続すれば、遠隔地の管理者でも常に状態を管理・確認でき、何か異常があった場合でも、管理者へ警報が発報されるので早急な対応が可能です。

 

M2Mプラットフォーム「ServiceSync(サービスシンク)」は、技術的な知識を持つスタッフが現地に赴く必要なく、設置+接続のみで最適なM2M環境を実現します。また、デバイス側から管理側への「上り」だけでなく、機器制御やファームウェアのアップデートなどを遠隔で行う「下り」通信も安定的な制御を実現致します。

上記システムは5月14日(水)から16日(金)まで開催されます「2014 Japan IT Week 春/第3回ワイヤレスM2M展」出展ブースにて実機を使用したデモンストレーション行います。

 

今後もインヴェンティットは、皆様の快適なビジネスシーンを実現するために、更なる研究開発を続けて参ります。

 

【2014 Japan IT Week 春/第3回ワイヤレスM2M展概要】

会期:2014年5月14日(水)~16日(金)

会場:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1) 西展示棟

小間番号:西2-7

URL:http://www.m2m-expo.jp/

 

【M2Mプラットフォーム 「ServiceSync」について】

「ServiceSync」は、垂直統合で開発されてきた課題「開発の時間とコストが多大」「拡張性に乏しいシステム」「多様で高度なスキルが必要」を全て解決できるアプリケーションプラットフォームです。クラウド上に用意された「ServiceSync」を利用することで、時間と開発コストを大幅に削減し、クラウド、又は企業内のITシステムと、遠隔地にあるセンサーや機器装置/設備等を容易につなげることが可能です。また、産業機械、ソーラーパネル、生活用品等に搭載されたセンサー情報を収集し、可視化するためのアプリケーションを「ServiceSync」のAPIを利用して容易に開発できます。同時に、既存の業務システム等と連携し、より企業にとって求められるサービスを実現致します。

サービス紹介URL:http://www.servicesync.net/

 

【インヴェンティットについて】

社名:インヴェンティット株式会社

本店:〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町130番地42

東京オフィス:〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目4番地7号

設立:2007年6月12日

資本金:4億1,160万円

代表者:代表取締役社長 鈴木 達

URL:https://www.yourinventit.com

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

ニュース一覧に戻る

インヴェンティット株式会社
〒102-0083
東京都千代田区麹町4-4-7アトム麹町タワー9階